スマホ

電池の持ちが悪いなと思ったらiphoneバッテリー交換しよう

修理する人

使用頻度が高いものだから

不慮の事故等でiphoneの画面にヒビが入ってしまったら、そのままにしないですぐに画面修理をしてもらった方が快適に過ごせます。また、画面修理は正規店にiphoneを持ち込むのが一般的ですが、スピードを重視するなら街の修理屋さんにお願いするのもありです。

スマホを持つ人

民間修理店

札幌でiphone修理を行っている民間修理店は沢山あるので、iphoneトラブルにお困りの時は利用すると良いでしょう。即日短時間で修理が完了するので、iphoneをすぐに使用できます。バックアップを取っていなくても修理ができるというメリットもあります。

工具とスマホ

依頼して直してもらう

iphoneの液晶にヒビが入ってしまったり、割れてしまったりすると、今まで通りに使用する事が出来なくなってしまいます。買い替えを検討する方も多数いますが、修理を依頼した方が安く済むケースも多々あります。

iphone修理情報

スマホ

バッテリーの交換

iphoneを使用していて、最近バッテリーの持ちが悪いなと感じることはありませんか。iphoneのバッテリーの寿命は実は2年程度と言われています。使用方法によってはもっと早く寿命がきてしまうこともあるのです。ここではiphoneバッテリー交換について紹介します。まず、バッテリーの消耗の速さが、バッテリーの寿命によるものかどうか、チェックしてみましょう。具体的な方法としては、Appleが提供しているiOS診断。Appleへの問い合わせから、バッテリーの項目を選び、検査すると、問題があるかどうか診断してもらえます。また、バッテリーの劣化状況を診断できるアプリもあるので、必要に応じて使ってみてください。では、これによりバッテリーの交換が必要の場合、どのように交換修理すればよいか、次に見てみましょう。

交換方法はさまざま

まず、AppleCare+に加入している場合。バッテリーの蓄電容量が80%未満に劣化している場合は、無償交換が可能です。また、iphone5の一部でバッテリーの不具合が見つかっており、それに該当する場合も交換してもらえます。その他のiphoneバッテリー交換ですが、Appleに依頼する場合、単純にバッテリーだけの交換であれば、全機種7800円です。こちらはデータのバックアップが必要になります。もう少し格安に抑えたい、ということであれば、iphoneバッテリー交換を行っている修理専門店に依頼することも可能。料金は機種によって異なり、3000円台から6000円程度。新しい機種ほど高くなります。こちらはデータは初期化されないので、データのバックアップは必要ありません。次に、自分でiphoneバッテリー交換を行う方法もあります。交換用の工具がセットになっていてどの機種でも3000円台で修理ができるようです。データのバックアップも不要。機械いじりが得意な方なら一番安く済む方法ですね。